『何もしずにただそこにいること』の練習〜リストラティブヨガ

397632_10151198805827984_1192357510_n『I may look like I’m doing nothing, but on a cellular level I’m very busy.』
『何もしてないように見えるけど、細胞レベルではめちゃめちゃ忙しいんだからね(^_^)』

私達の多くは、”doing, 何かをする”ことから”being, 何もしずに、そこにいるだけ”の状態になるのに、何か理由をつけたり、正当化しようとしたり、誰かの許可を得ようとしたりする。あたかも”何もしない”状態が悪いことであるかのように。

『こんだけ働いたんだから、何もしない時があってもいいよね…( ̄。 ̄)』

そして、何もしていないと、していないことへの”罪悪感”を感じたりもする。

『私、今日まだ何もしてないだけど… ダメだな私…(* ̄□ ̄*;』

それは社会が、”何もしないこと”よりも”何かをすること”に価値をおいているからだろう。私達は小さい頃から、何かをすることで『すごいねぇ!』と褒められ、他人に認められる。そうやってしつけられ、育ってきているからだろうな…

私が現代人に必要だ!と心から信じている、そして今後教えていきたい
『リストラティブヨガ, Restorative yoga』
はまさに
doing, fixing, solving:何かをして、治して、解決する』ことから
being,
allowing:状態を許し受け入れる』方向にシフトしていくヨガ。

photo-20Restorative,リストラティブ』とは『元気を回復させる(形)、回復剤, 気つけ薬』という意味。

リストラティブヨガのほとんどのポーズは床に寝そべったり、座ったりの重力に逆らわないポーズ。写真のようなヨガブロックや、ボルスターとよばれるクッションなどのProps,プロップス(補助具)を使って、自分の体に無理を与えない、そして気持ちがいいと思えるポーズをとって、体を重力に逆らわず、体を委ねていく.. ヨガ。『ポーズをする』というより『委ねてだたそこにいる』練習。

だから、病気で体に痛みがある人や、怪我をしている人や、体が柔らかくない人も、体力がない人も、妊婦さんも、産後のママ達にも… その人ひとりひとりの体の可能な範囲でポーズをとっていくことができる。でも普通のヨガと同じように、解剖学的にも多くの効果を得る事ができる。

photo-21まさに『アクティブなリラクゼーション』を習うリストラティブヨガでは、体を委ねている時に、何が起きてるかに気づいて、それを受け入れて、放したり、時には、いびきをかいてねてしまったり…

私達の体にはそれ自体に驚くべきヒーリング作用があると思う。リストラティブヨガには、その体のもつヒーリング作用を最大限に引き出す力がある。一見何もしていないように見えて、細胞レベルでは忙しく働いていて、体にとって多くのプラスの効果をもたらしてくれるのだよ。( ̄▽+ ̄*)

コメント1件

  1. ピンバック: バンクーバーで大人気のヨガ!どんな種類があるんでしょうか? | LifeVancouver 〜 カナダ・バンクーバー現地情報

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。